ホイッスルライン

日本グリーンホイッスル公益通報制度推進機構

小さい会社における内部通報体制の構築法

社内リソースが限られている中堅企業・中小企業では、自前で内部通報窓口を設置し運営するのは、負担が大きいことも想定されます。

公益通報者保護法の民間事業者向けガイドラインでは、通報者の匿名性を確保するとともに、経営上のリスクに係る情報を把握する機会を拡充するため、可能な限り事業者の外部にも通報窓口を整備することが適当であるとしています。

ただし、各事業者の規模や業種・業態等の実情に応じた適切な取組を妨げるものではありません。

したがって、事業者の実情に応じた通報窓口を整備してください。

日本グリーンホイッスル「ホイッスルライン」ご紹介ページへDX(デジタル・トランスフォーメーション)型内部通報中継プラットフォーム「ホイッスルライン」リソースが限られた中堅企業・中小企業・小規模企業・医療法人・学校法人・団体・協同組合様における内部通報制度の整備・拡充とコンプライアンス経営の促進を安価にスムーズにサポート致します。

解説者

馬場 雅敬
コンプライアンス経営アナリスト
一般社団法人公益通報制度推進機構 代表理事。1993年 慶應義塾大学卒業。2005年 日本放送協会(NHK)を退職して会社設立。数社の取締役、社外取締役を歴任し、コンプライアンス経営の拡充と業績拡大に貢献。2020年 国民生活の安心・安全を理念に日本グリーンホイッスルを立ち上げ、2021年 一般社団法人公益通報制度推進機構として法人化。

関連記事