マンスリー・レビュー

他山の石_企業不祥事から学ぶ

2021年8月:企業不祥事マンスリー・レビュー


 このコラムについて 

マスコミ等で露わになる企業の不祥事。それは他人事ではありません。自分の会社なら、どのように対処し、未然に防ぐには、どうすべきか?「他山の石」は、自らの教訓とするためのマンスリー・レビューです。

2020年8月の「他山の石」

2021.8.3【パワハラ】

「くたばれ」保健所でパワハラ、2人休職 愛知県処分(朝日新聞デジタル)

愛知県の保健所の課長級の女性職員(57)が部下の男性ら2人に「さっさとくたばれ」「もう来ないでください」などと暴言を吐くなどのパワハラを繰り返していたことが8月2日判明した。 パワハラを受けた50代男性職員らは精神疾患にかかったとして療養休暇などを取得した。この女性幹部は他の4人の職員にもパワハラをしていた模様。なお、同女性職員は、県の調査に応じず 7月から2か月間の有給休暇を取得し、連絡が取れていない。県は、この女性職員を減給10分の一の懲戒処分にしたという。

2021.8.12【社内ルール違反】

テレビ朝日、オリンピック担当社員ら10人が宴会 1人負傷し入院(毎日新聞)

テレビ朝日スポーツ局の社員ら10人が東京五輪の打ち上げと称して8月8日、国などが自粛要請しているカラオケ店で深夜から明け方まで宴会を実施していたことが判明した 。この際に宴会に参加していた同社女性社員がカラオケ店の中2階の踊り場付近から外に飛び降り、左足を骨折する重傷を負っていたことが8月10日判明した。 同社は新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、宴会などを禁止する社内ルールを設けている。この件に関して、同局の朝のワイドショー「羽鳥慎一モーニングショー」で同局の 一社員に過ぎない玉川徹氏が本件について謝罪したが、なぜ女性社員が飛び降りたかなど会社側からの謝罪・具体的説明等は8月12日現在一切ない。不祥事に対して常に説明責任を求めている 同局が身内のトラブルには一切口をつぐんでいることにSNSなどでは批判が起きている。

2021.8.13【品質偽装】

久光製薬に業務停止処分 湿布薬に規格外の着色料(時事通信)

湿布薬サロンパスの久光製薬(佐賀県)が国の規格量を上回る着色料を使って製造を行っていたことが判明した。佐賀県は医薬品医療機器法に基づき 8月13日から製造していた鳥栖工場を8日間の業務停止処分とし、同社に対しても4日間の第二種医薬品製造販売業の業務停止とした。同社によると製品に含まれる 合成着色料のタール色素の量が基準より多かったにもかかわらず、品質管理担当者がデータを偽装して製造・出荷していた模様。内部告発で発覚したが、偽装は2014年ごろから 行われていた。なお、当該対象商品は自主回収し、これまでのところ健康被害の報告はないという。

2021.8.21【盗撮】

東京メトロ駅員がトイレ盗撮関与認めた翌日遺体で発見(朝日新聞デジタル)

東京メトロの20代男性職員が、自分の勤務する地下鉄成増駅の女子トイレにカメラを設置して盗撮していたことが8月20日判明した。今年3月12日、女子トイレの個室のドアの内側の掲示物の裏にカメラが仕組まれているのを 利用者が見つけ、駅側が警察に通報した。当該男性職員は、東京メトロの聞き取りに対して関与を認め、8月に自殺した模様。東京メトロは社員教育を徹底するなどとしている。

2021.8.25【代行謝罪】

代行業者雇って市民に謝罪 静岡市職員、懲戒処分に(共同通信)

静岡市建設局の20代男性職員が、昨年8月に通常の稟議を経ずに独断で市民からの要望に応じてカーブミラーを設置すると確約。しかし、局内で設置は優先度が低いとして却下となった。 そこで当該男性職員は身銭を切って、謝罪代行業者に自分の上司役として市民に詫びるよう依頼した。上司役の業者は市民とコンタクトをとったが、設置の背景など細かい点を理解できていなかったことから、 不審に思った市民から市への問合せで本件が発覚した。8月24日、静岡市は当該男性職員を減給処分とした。

関連記事