インタビュー

ふるさとの森_ロゴ

ふるさとの森

Q:貴社の事業内容をおしえてください。

介護老人保健施設

当社は、佐賀県の太良町で介護老人保健施設を運営しており、100名前後のスタッフが従事しています。

介護老人保健施設 ふるさとの森

介護老人保健施設の他にも、地域連携支援室、通所リハビリテーション、訪問リハビリテーション、グルー プホーム、居宅介護支援事業所を運営しています。

Q:事業の特色やこだわりは?

温かみのある誠実なケアサービスの提供

リハビリテーションを中心とした在宅復帰支援施設として「温かみのある誠実なケアサービスの提供」を経営理念に掲げています。「住まい」「医療」「介護」「予防」「生活支援」が切れ目なく提供される地域包括ケアシステムの一翼を担う施設として、私たちの果たすべき役割は大きく、施設で、あるいは地域に出向いてその専門性を発揮しています。

温かみのある誠実なケアサービス

地域を繋ぐ施設

また、私たちのミッションとして「地域を繋ぐ施設」を掲げています。私たちの専門性と地域の資源を繋げることで、介護やリハビリが必要な状態になっても住み慣れた地域で住み慣れた人達との生活を末永く続けられるようしっかりとサポート致します。

地域をつなぐ施設として

Q:貴社のコンプライアンス体制は?

定期的な職員向けコンプライアンス研修

介護事業は民間の企業に比べ、社会資源としての役割が大きく、介護報酬から多くの収入を得ています。そのため、他種企業よりもより厳しいコンプライアンスが求められていると感じております。よって、当社でも職員向けのコンプライアンス研修を定期的に行っております。

社内研修

内部通報体制の整備へ

介護事業に関連する法律には主に介護保険法と労働基準法があり、この2つの法律が守られていないと、税務署や労働監督署により処罰が下されます。近年調査指導が厳しくなっており、営業停止や指定取消などの処分がなされることも少なくありません。

コンプライアンス意識を醸成

また、法令遵守はもちろんのこと、従業員やサービス利用者、その家族・親族の人権を尊重した行動をすることも重要です。こうした職場環境を醸成していくためにも、社内研修の他に内部通報体制の整備が必要だと考え、日本グリーンホイッスルに加入しました。

日本グリーンホイッスル「ホイッスルライン」ご紹介ページへDX(デジタル・トランスフォーメーション)型内部通報中継プラットフォーム「ホイッスルライン」リソースが限られた中堅企業・中小企業・小規模企業・医療法人・学校法人・団体・協同組合様における内部通報制度の整備・拡充とコンプライアンス経営の促進を安価にスムーズにサポート致します。

Q:「ホイッスルライン」への抱負は?

より良い職場環境へ

まずは「ホイッスルライン」の導入で、スタッフ全員がより安心して働くことができ、より風通しの良い職場環境を整えていけたらと期待しています。

スタッフ全員がより安心して働くことができるように

利用者の満足度向上へ

また、あちこちの介護の現場で問題になっている高齢者虐待などのコンプライアンス違反を未然に防ぐ効果も期待でき、結果として、サービスの質の向上につながって、利用者に高い満足度を感じてもらうことができればと思っています。

結果として、利用者の満足度向上へ

会員法人紹介

介護老人保健施設ふるさとの森

介護老人保健施設ふるさとの森
https://furusatonomori1998.com/
事業内容:介護老人保健施設・リハビリテーション・グループホーム・居宅介護支援事業所
本社:〒849-1603 佐賀県藤津郡太良町大字糸岐6797番地1
施設長:巨瀬 健介

ホイッスルラインの詳細

関連記事